一般社団法人 日本救急看護学会

日本救急看護学会ポータルサイト 救急看護師を目指す方へ

救急看護師とは

救急看護の仕事

仕事内容

救急看護とは

救急看護とは「突発的な外傷、急性疾患、慢性疾患の急性増悪などのさまざまな状況によって、救急処置が必要な対象に実施される看護活動。救急処置を中心とした初療段階での看護実践で、場所、疾患、臓器、対象の発達段階、診療科、重症度を問うことはない。主に、救急外来や救命救急センターなどの救急医療施設での看護をさすが、院内急変、病院前救護、災害救急医療、学校保健、産業看護などの場にも救急看護実践がある」(医学書院、看護大事典(第2版)より)と言われています。
救急看護の仕事は、この事典で解説されているように、救急処置が必要な人々への看護活動と言うことができます。一般に、救急医療施設で働いている看護師の実践と解釈されることが多いですが、医療施設以外(例えばドクターヘリや災害現場など)でも救急看護の実践活動があります。

救急看護師の主な役割

最も重要な救急看護師の役割は、救急処置の実施です。心臓や呼吸が止まってしまった患者さんへの救急蘇生処置や、出血を止める止血や包帯法、骨折時の処置などの応急処置があります。また、医師が行う様々な救急治療場面で、処置介助を行うことも多いです。こうした医療行為が多いのも特徴ですが、体を清潔に保ったり、体位を整えたり、トイレの介助をしたり、痛みを和らげたりなどの生活行動援助も重要な役割です。他には、患者さんとその家族に対する心のケア、救急医療チームが円滑に機能するように調整すること、救急医療物品を整えること、一般の人たちに対する救命・救急処置の指導、救急医療政策への参画、救急看護に関する研究など、多岐にわたります。

救急看護師の働く場

救急看護師は、救急医療施設で働いています。日本の救急医療施設は、24時間365日救急診療ができるように、患者さんの重症度に応じて初期、二次、三次と段階的な整備がされています。
初期救急医療施設とは、病気やけがの程度が軽い患者さんに対応するところで、休日夜間急患センターや休日外来診療をおこなっているところになります。二次救急医療施設は、初期救急医療施設の機能に加えて、中等症、重症の患者さんにも対応できる施設で、入院の必要な救急患者さんを受け入れているところです。三次救急医療施設は、初期と二次救急施設では対応困難な重症患者さん(心肺停止、重度外傷、脳卒中、心筋梗塞、広範囲熱傷など)を受け入れているところで、救命救急センターと呼ばれるところです。
こうした救急医療施設以外にも救急看護師の働く場はあります。ドクターヘリに同乗して救急看護を行うフライトナース、災害時に現場に急行し、被災者への救急活動を行う救急看護師、海外の災害現場に派遣される救急看護師、救急看護の専門知識を持って教育指導する救急看護師、救急看護の質向上に貢献する研究を専門的に行っている救急看護師もいます。

救命救急センター

ドクターヘリ

救急看護師になるには

救急看護師になるには、まず、看護師の国家資格を取得しなければなりません。看護師の国家試験受験資格を得るためには、看護大学、看護短大、看護専門学校のいずれかを卒業する必要があります。現在、看護系の大学は増えていますので、大卒の看護師の割合が増加しています。准看護学校を卒業して知事試験に合格すれば准看護師になることができますが、救急看護師には高い知識が要求されますので、看護師資格は必須と言って良いでしょう。
看護大学等を卒業し、すぐに救急医療施設に就職して救急看護師になる人もいれば、卒業後に救急以外の看護経験を積んでから救急医療施設に移動する人もいます。どちらが良いのか言い切ることはできませんが、救急看護師には、迅速な判断力、高度な知識、確実な救急処置の技術、適切なストレス対処能力などが求められますので、それなりの覚悟を持って救急看護師を目指して欲しいと思います。
一人前の救急看護師になるには、多くの救急看護経験を積むことも大事ですが、向上心や目的意識を持って自己研鑽に励むことも大切です。本学会では、救急看護クリニカルラダー(ラダーとは梯子のことで、専門知識や技術を段階的に身につけるためのステップ)を示していますので、こうしたステップを踏んでエキスパートな救急看護師へと成長していくことができます。

救急領域の認定看護師・専門看護師とは

日本看護協会では、認定看護師制度を実施しています。認定看護師は、特定の看護分野において、個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践すること(実践)、看護実践を通して看護職に対し指導を行うこと(指導)、看護職に対しコンサルテーションを行うこと(相談)の3つ役割を果たします。救急看護認定看護師は、認定制度の発足当時からスタートしており、当初より専門性が高い領域として認知されていました。
救急看護認定看護師は、本学会のクリニカルラダーでは最も高いステップⅤのスペシャリストレベルになります。それだけの高い技術と豊富な知識が認定看護師には求められます。
認定看護師以外にも救急看護のスペシャリストがいます。同じく日本看護協会が認定している専門看護師です。救急領域では、急性・重症患者看護専門看護師が活躍しています。専門看護師になるには、看護系の大学院を修了していることが必要です。認定看護師よりも高い知識が求められ、要求される役割も多くなります。

このページのトップへ