一般社団法人 日本救急看護学会

日本救急看護学会ポータルサイト 救急看護師を目指す方へ

学会誌

J-STAGE 日本救急看護学会雑誌 *日本救急看護学会雑誌(電子ジャーナル)はこちら

投稿規程等

投稿原稿募集

日本救急看護学会では、広く会員の皆様からの論文の投稿をお待ちしています。
・1年を通じていつでも受け付けています。
・投稿はオンラインです。
・投稿前に「不正行為防止のためのガイドライン」「論文投稿時等の利益相反の申告と開示」をお読みください。

論文投稿手続き

・「投稿規程」(特に、6.執筆要領、7.投稿手続き) を熟読し、投稿に必要な論文等のデータの準備をしてください。
・投稿に必要な論文等のデータの準備が整ったら、下の「オンライン投稿はこちら」のリンクボタンからScholarOne Manuscriptsへと進み、アカウントを作成のうえ、投稿してください。

【投稿論文データをアップロードする際の注意事項】

・カバーレターは、「カバーレターについて」を参考に作成してください。
・本文中の個人情報(所属機関名、人名等)は特定できない表記にしてください
・本文、図表、「著作権譲渡契約書」を別ファイルでアップロードしてください。
・「原著」「総説」等英文要旨がある論文は「ネイティヴチェック証明書」のアップロードも必要です。
・「利益相反申告書」「委任状」については、投稿後オンラインシステムから届くメールに回答してください。

  • 不正行為防止のためのガイドライン(2018年7月29日理事会決定) (PDF
  • 論文投稿時等の利益相反の申告と開示 (PDF
  • 投稿規程(2018年7月29日改正)(PDF
  • カバーレターについて (PDF
  •   
      オンライン投稿はこちら
      
      日本救急看護学会における利益相反(COI)について

論文の著作権について

・投稿された論文の著作権は、論文が採択されJ-stageでの公開が決定した時点で、一般社団法人日本救急看護学会に譲渡されます。
・J-stageで公開された論文の利用については、契約条件を遵守してください。
・「著作権譲渡契約書」は下記よりダウンロードしてご使用下さい。
・著作権譲渡契約書は、初回論文投稿時に、責任著者(Corresponding author、必ずしも筆頭著者でなくともよい)が署名捺印し、PDF化してアップロードしてください。
・共著者は「委任所」を提出する必要があります。オンラインで投稿論文が正式に受理された後、共著者にはメールで「利益相反申告」「著作権譲渡の委任」のe-formが配信されますので、それに回答してください。

  • 著作権譲渡契約書(平成26年8月20日版)(PDF
  • 著作権譲渡契約書記入例(PDF

転載、再掲載について

日本救急看護学会雑誌掲載論文の転載について

 日本救急看護学会雑誌の著作権は日本救急看護学会に帰属しています。本学会雑誌を転載する場合, 一般社団法人日本救急看護学会の許可が必要です。
 転載を希望する場合転載許可願に必要事項を記載し,郵便または電子メールにて学会事務所(編集担当宛)へ送付してください。 転載可能かどうかを確認した上で,転載許可書を発行します。

  【送付先】
    〒164-0001 東京都中野区中野2-2-3 (株)へるす出版事業部内
    日本救急看護学会 編集担当 宛
    FAX:03-3380-8627  E-MAIL:jaen@herusu-shuppan.co.jp
  (転載許可に際しての条件)
    1. 転載を許可した雑誌・図書以外には使用しないでください。
    2. 利用にあたっては出典を明記してください。

日本救急看護学会雑誌に掲載された論文の所属機関図書館などへの再掲載(機関リポジトリ)について

 日本救急看護学会雑誌に掲載された論文を著者が所属機関の図書館などのウェブページなどに再掲載する場合は, 所定の申請書および許可書に必要事項を記載し,郵便または電子メールにて学会事務所に送付してください。 登録可能かどうかは本学会で確認し,登録可能であれば許可書を発行します。

  【送付先】
    〒164-0001 東京都中野区中野2-2-3 (株)へるす出版事業部内
    日本救急看護学会事務所
    FAX:03-3380-8627  E-MAIL:jaen@herusu-shuppan.co.jp
  (機関リポジトリ登録の際の条件)
    1. 登録内容は,該当論文および学術集会の講演集・会議録であること。
    2. 公開を認める対象は,発効日から1年を経過した学会雑誌等の紙面とする。
    3. 公開に際しては,出典を明記すること。
    4. 紙面によらない形式の場合も,著作権は日本救急看護学会に帰属する。
    5. 機関リポジトリ登録の結果生じる一切の責任は申請者が負う。

                           

日本救急看護学会雑誌目次

過去から現在までの「日本救急看護学会雑誌」の目次をご覧いただけます。

バックナンバー

このページのトップへ