一般社団法人 日本救急看護学会

日本救急看護学会ポータルサイト 救急看護師を目指す方へ

個人情報取扱基本方針

一般社団法人日本救急看護学会(以下「当法人」といいます)は、会員の個人情報の取扱について次の基本方針を掲げ、会員の個人情報の適切な利用および保護を徹底します。

個人情報とは

個人情報とは個人に関する情報であり、その情報を構成する「氏名」、「生年月日」、「住所」、「電話番号」、「メールアドレス」、及びその他の情報で、特定の個人を識別できる情報をいいます。また個人データとは、個人情報を含む集合体でコンピュータを用いて検索できるように体系化したもの、その他容易に検索できるように体系的に構成したものをいいます。

当法人で扱う個人は、次に掲げる情報を指します。

  1. 当法人会員および当法人利用者
  2. 当法人事業の協力者及び参加者(講師、委員、受講者等)
  3. 当法人の役職員及び非常勤職員
  4. 当法人の学術集会等預託業者や印刷業者等

個人情報の収集、及び利用と廃棄・処分

当法人は、事業推進のために個人情報を適法かつ公正な手段によって収集し、収集時に通知した利用目的の範囲内でのみ利用します。
個人情報の目的の達成後は、当法人内規程に従って、一定の期間経過後に適切な方法により廃棄・処分します。

個人情報の適正管理

当法人は、個人情報保護法等関係法令を遵守し、個人情報取扱基本方針や管理規程を制定して個人情報の保護について周知し、適切に管理致します。
さらに、当法人は、紛失、破壊、改ざん、漏えい、不正アクセス、その他の安全管理のために必要かつ 適切な対策を講じて、個人情報を適正に管理します。
会員の個人データの正確性、最新性を確保するため会員にご協力をお願いすることがあります。

個人情報の預託

当法人は、個人情報を外部に預託する(学術集会等)ことがあります。個人情報を預託する場合は、適正な取り扱いを確保するために、十分な個人情報保護水準にある企業を選定した上で、契約を締結し、実施状況の点検など、管理・監督を行います。

個人情報の開示、訂正、又は削除

当法人は、本人の承諾を得ないで個人情報を第三者に開示することはありません。
当法人は、個人情報の主体(本人)及びその代理人から、個人情報の開示、訂正、利用停止又は削除を求められた場合は、遅滞なく速やかにこれに応じます。

個人情報保護の維持、改善

当法人は、個人情報の適正な取扱が行われるよう、役職員に対して継続的に教育を実施するとともに、個人情報保護の取組について適時見直し改善します。
個人情報の保護を徹底するため、個人情報保護管理者および取り扱い責任者を設定し、個人情報の管理方法の点検、監査、研修を実施し、適正な取扱いを徹底します。

平成18年1月26日制定
平成21年11月18日法人化により一部修正
一般社団法人日本救急看護学会

このページのトップへ