一般社団法人 日本救急看護学会

日本救急看護学会ポータルサイト 救急看護師を目指す方へ

セミナー・教育コース

日本救急看護学会動画

フィジカルアセスメントセミナー紹介ムービー

フィジカルアセスメントセミナー

 看護師のヘルスアセスメントは、対象者の健康に関する看護の情報を系統的に収集し、分析(解釈)、統合に基づいて、 看護問題を抽出します。救急外来で行われるアセスメントは、フィジカルアセスメントが重要であり、また、系統的に情報収集することにより、 患者の状態を悪化させる危険性があるため、迅速的なアセスメントが求められます。救急外来では一次評価といわれる生理学的徴候のアセスメント、 二次評価として重点的アセスメントを行います。アセスメントの目的は、呼吸不全、循環不全、脳神経障害に関連した看護問題が、顕在的であるか、 潜在的であるかをアセスメントし、緊急度の判断や看護問題を抽出することです。
 フィジカルアセスメントセミナーでは、救急外来で必要とされるフィジカルアセスメントの知識、技術を習得し、特に、基本的な技術として 一次評価を丁寧に学んでいきます。シミュレーターを使用し、振り返りを行いながらSOAPで展開し、異常情報の分析、病態との関連、 ケアの根拠を受講生の皆様と一緒に考えるセミナーです。


■対象者 救急看護学会クリニカルラダーステップⅠ~Ⅱ (*おおよその基準)

■受講料 会員:8,000円 非会員:15,000円
     ※先着順となりますので、お早めにお申し込み下さい。

■定員 50名

■前提条件 ・救急看護セミナー(基礎病態セミナー)を受講していることが望ましい。
            (未受講でも受講可)
      ・救急外来の経験があることが望ましい。
           ※おおよその基準

■学習目的救急外来において救急車受入れのファーストアプローチを行い、 一次評価としてのフィジカルアセスメントを活用し、SOAP展開ができる。

■学習目標 ・救急看護におけるフィジカルアセスメントについて説明できる
      ・一次評価に必要なフィジカルアセスメントができる
      ・一次評価に必要なフィジカルイグザミネーションができる
      ・異常所見の機序と原因について説明できる
      ・呼吸不全、循環不全、脳ヘルニアの病態について述べることができる
      ・一次評価におけるフィジカルアセスメントを活用し、SOAP展開ができる

■プログラム
  〔1日目〕
   ・講義
    「救急看護に必要にフィジカルアセスメント」
    「呼吸のフィジカルアセスメント」
    「循環のフィジカルアセスメント」
    「脳神経のフィジカルアセスメント」
   ・演習(スキルステーション:4G)
    「呼吸」「循環」「脳神経」「腹部」各60分
  〔2日目〕
   ・講義
    「呼吸不全、循環不全、脳ヘルニアの病態」
   ・演習(スキルステーション:4G)
    「一次評価」
   ・演習(シナリオステーション:4G)
    「呼吸」「循環」「脳神経」「腹部」各60分


【セミナー日程】

開催場所 日 程 申込期間
北海道
札幌市立大学
【開催中止】平成28年7月23、24日 終了
愛知
愛知医科大学
シミュレーションセンター
詳細プログラム
平成28年8月6、7日 終了
福岡
小倉記念病院
詳細プログラム
平成28年8月27、28日 終了
北海道
北海道大学大学院
詳細プログラム
平成28年11月26、27日 終了
京都
京都医療センター
平成29年5月13、14日 平成29年2月18日~
4月11日17時

日本救急看護学会ポータルサイトよりお申込みください。
※ポータルサイトを初めてご利用になる方は、まず「利用登録」を行ってください。
その後、[セミナー・教育コースの受講]ページから希望のコースにお申し込みください。
往復はがき、メール等での応募はできませんのでご注意下さい。


【重要】本学会のキャンセルポリシーについて
 本学会のセミナー、コースにお申し込みを頂いた場合、開催日7日前までは返金させて頂きますが、それ以降のキャンセル時(セミナー、コース当日のキャンセルを含む)は、開催運用経費調整の都合上、ご返金できませんのでご了承下さい。
  例)7月10日、または7月10日、11日の2日間で開催のセミナー
   → 7月3日までにキャンセルの場合は返金致します。
     7月4日以降にキャンセルの場合、返金致しかねます。
  ■対象:平成29年1月1日以降開催の本学会開催の全セミナー、コース


このページのトップへ