一般社団法人 日本救急看護学会

日本救急看護学会ポータルサイト 救急看護師を目指す方へ

セミナー・教育コース

日本救急看護学会動画

セミナー紹介ムービー


トリアージナース教育コース

トリアージナース育成研修会

トリアージ委員会では、下記の内容で救急外来におけるトリアージナース育成研修会を企画しております。

コース内容

  • ①1日目8:00~15:00頃:JTASコース
  • ②1日目15:00頃~18:00頃、2日目終日(9:00~17:00頃):日本救急看護学会企画によるコース

募集人数・受講費

  • 1)両日(①、②)受講 30名: 会員20,000円 / 非会員32,000円
  • 2)1.5日コース(②)受講 12名: 会員12,000円 / 非会員24,000円

受講資格

  • 1)両日(①、②)受講
    以下の要件をすべて満たしていること
    • ①日本救急看護学会が主催するフィジカルアセスメントウェブ試験に合格していること(別途試験料5,000円が必要です)
      (コース開催日までに、試験に合格した際に発行される合格証を取得し、コース開催日に合格証の写しを持参すること)
  • 2)1.5日コース(②のみ)受講
    以下の要件をすべて満たしていること
    • ①上記1)2日間受講コースの要件を満たしていること
    • ②日本臨床救急医学会主催のCTASコース又はJTASコースを受講していること

【ご注意】コース後、トリアージナース認定をご希望される方は、別途課題の提出が必要となります。
下記、「受講後の認定課題書類について」をご参照下さい。
ただし認定を受けることができるのは、本学会会員のみです。
認定希望の方は、研修会受講前に入会手続きをお願い致します。

フィジカルアセスメントウェブ試験について

フィジカルアセスメントウェブ試験は、日本救急看護学会ポータルサイトから受講していただくことができます。
※ポータルサイトを初めてご利用になる方は、まず「利用登録」を行ってください。
その後、[eラーニングの受講]ページから希望のコースにお申し込みください。

コース開催予定

開催場所 日 程 申込期間
第24回兵庫
(西神戸医療センター(予定))
平成28年7月30日、31日 終了
第25回東京
(日本赤十字社医療センター)
平成28年9月17日、18日 終了
第26回茨城
(筑波大学附属病院)
平成28年11月26日、27日 終了
第27回岩手
(岩手県立磐井病院)
平成29年2月18日~19日 終了
第28回高知
(近森病院)
平成29年3月18日~19日 12月10日9時~
 平成29年1月6日23日17時
延長しました
※スタッフは締め切りました
第29回愛知
(豊田厚生病院)
平成29年4月22日~23日 平成29年1月10日9時~1月30日17時
第30回大阪
(大阪赤十字看護専門学校)
平成29年年7月1日~2日 平成29年4月1日9時~4月20日17時

コース開催時間(ご参考)(※コースにより多少の変更がある場合がございます)
■両日コース: 1日目 8:30~受付開始、18:00頃終了予定
        2日目 8:30~受付開始、17:00頃終了予定
■1.5日コース:1日目 15:00~受付開始、18:00頃終了予定
        2日目 8:30~受付開始、17:00頃終了予定

申込

日本救急看護学会ポータルサイトよりお申込みください。
※ポータルサイトを初めてご利用になる方は、まず「利用登録」を行ってください。
その後、[セミナー・教育コースの受講]ページから希望のコースにお申し込みください。

【重要】本学会のキャンセルポリシーについて
 本学会のセミナー、コースにお申し込みを頂いた場合、開催日7日前までは返金させて頂きますが、それ以降のキャンセル時(セミナー、コース当日のキャンセルを含む)は、開催運用経費調整の都合上、ご返金できませんのでご了承下さい。
  例)7月10日、または7月10日、11日の2日間で開催のセミナー
   → 7月3日までにキャンセルの場合は返金致します。
     7月4日以降にキャンセルの場合、返金致しかねます。
  ■対象:平成29年1月1日以降開催の本学会開催の全セミナー、コース

スタッフ募集のお知らせ

上記トリアージナース育成研修会の開催に合わせて、スタッフを募集致します。

    

インストラクターコース

トリアージナース育成に係るインストラクターを育成致します。

コース内容

1日目8:30受付 9:00~17:00、2日目8:00~16:30(2日間コース)

募集人数・受講費

定員12名、会員のみ20,000円

受講資格

  • ①トリアージナース育成研修会の修了証が発行され、タスク参加を1回以上経験していること。
    ※タスク2回目参加の際に受講頂くことを推奨します。
  • ②日本救急看護学会会員であること。
  • ③本学会のトリアージナース認定を受けていること。(※現在ご申請中の方もご応募可能です)

コース開催予定

開催日程は上記「トリアージナース育成研修会」と同時開催・募集となります。上記「トリアージナース育成研修会」コース開催予定をご確認下さい。

コース申し込み方法

日本救急看護学会ポータルサイトよりお申込みください。
※ポータルサイトを初めてご利用になる方は、まず「利用登録」を行ってください。
その後、[セミナー・教育コースの受講]ページから希望のコースにお申し込みください。
往復はがき、メール等での応募はできませんのでご注意下さい。

スタッフ募集のお知らせ

上記インストラクターコースの開催に合わせて、スタッフを募集致します。

     

トリアージナース ブラッシュアップセミナー

目的

日本救急看護学会のトリアージナース認定を受けた者が、個人の知識や技術を維持・向上させるために開催するセミナーである。

セミナー内容

  • テーマ(仮):トリアージナースが臨床推論を学ぶ意義
              ~AMLS・GEMSのプロが臨床推論のエッセンスを伝授する~
  • 講師:社会医療法人 緑泉会 米盛病院 救急科・総合診療部門  松木薗 和也 先生
  • 日時:2016年10月28日(金)13:00~15:00(12:30~受付)
  • 会場:幕張メッセ
  • 受講対象者:日本救急看護学会トリアージナース認定
  • 受講料:3,000円(予定)
  • 定員:100名(先着)
  • 募集期間:平成28年8月18日~9月30日(先着順)
  • セミナー日程:
      12:30~12:50  受付
      12:50~13:00  オリエンテーション
      13:00~14:45  講演
      14:45~14:55  質疑応答
      14:55~15:00  トリアージ委員会より更新手続きに関する説明

コース申し込み方法

日本救急看護学会ポータルサイトからお申し込み下さい。


受講後の認定課題書類について(両日・1.5日コース修了者対象)

トリアージナース育成研修会を受講し、修了証が発行された方は、下記の「手引き」をご確認下さい。
トリアージナース認定をご希望の方は①「認定申請用紙」と②「トリアージ実践件数リスト」のご提出をお願い致します。
②「トリアージ実践件数リスト」については、日本救急看護学会ポータルサイトでご入力下さい。
期日は必ずご自身が参加されたコースの期日をご確認下さい。

  • ●課題締切
    • ■第23回岩手県立中央病院コース:平成28年4月30日
    • ■第24回西神戸医療センターコース:平成28年10月31日
    • ■第25回日本赤十字社医療センターコース:平成28年12月31日
    • ■第26回筑波大学附属病院コース:平成29年2月28日
  • 【ご注意】トリアージナース認定は、本学会の会員のみが認定を受けることができます。
    認定希望の方は研修会受講前に入会手続きをお願い致します。

    トリアージナース認定 更新について(2015.10.26更新)

    1.以下のいずれかを満たすこと。

    ①トリアージナース育成研修会へタスク、プレインストラクター、インストラクターとして、2年間に2回以上の参加
    ②ブラッシュアップセミナーへ2年間に2回参加
    ③トリアージナース育成研修会へタスク、プレインストラクター、インストラクターとして、2年間に1回以上の参加、プラスブラッシュアップセミナーに1回参加。

    2.要件1を満たし、トリアージ実践事例を1事例、更新期間内に提出し審査に合格していること。

    (WEBシステムからの提出になります。WEBシステムは準備中ですので、理事会での説明、承認後提出できるように整えます。)

    3.現在、育成研修会でタスク、プレイントラ、イントラをしている方はトリアージナースの更新をしていただくことが必要になります。

    (更新されない場合、スタッフ参加ができません)

    ■移行処置■
    すでに期限が切れている方、今年度末(1年後に期限が切れる方です。)は2年間の猶予期間を設けます。

     ①平成27年度(平成26年9月1日~平成27年8月31日)に認定期限が切れた方:
       平成29年8月31日まで猶予期間
     ②平成28年度(平成27年9月1日~平成28年8月31日)に認定期限が切れる方:
       平成30年8月31日まで猶予期間
        


    このページのトップへ